「卵・乳製品を使っていないお菓子はどれ?」
お客様に、よく聞かれる様になりました。
アトピーなどアレルギーでお悩みの方、そういうご家族をお持ちの方は、材料だけでなく、添加物にも気を配っておられます。
「何で作られているのか」「何が入っているのか」
とても大切な事だと思います。
最近では、原料メーカーが色々と研究して、菓子屋向けに「〇〇の素」を開発し、誰でも簡単にお菓子を作る事ができるようになりました。
そのこと自体は良い事だと思いますが、製造する側や商品管理をする側の、努力が必要とされなくなってきているのも事実です。
「〇〇の素」の構成を見てみると、パッと聞いただけでは意味がわからない正体不明のものや、あまりお客様には教えたくないような添加物が、沢山入っています。
「天然素材」「自然から抽出」といったうたい文句でごまかしていますが、天然・自然でも体に悪いものはいっぱいあります。
勿論、新しいもの全てを否定するつもりはありませんが、一つ一つ調べてみると、結局はほとんどが、
「硬くなりにくい」「カビが生えにくい」「冷凍保存が利く」「作る時にコツを必要としない」といった、製造・販売する側が、
「楽をするため」「手抜きのため」「機械で大量生産するため」「技術・経験・知識を不要にするため」のものばかりです。
何日たってもカビも生えないような生菓子、一週間置いておいても硬くならないお餅を、私は食べたいとは思いません。
それでも美味しければ、まだ救いはあるのですが、実際に試作して食べてみても…。
「当店製品は全て無添加」などと嘘を言うつもりはありません。
例えば着色料。
抹茶や小豆などをできる限り活用し、必要最小限度にしてはいますが、当サイトで公開している上生菓子にも使っています。
「必要悪だ」などと開き直る気は全くありませんが、淡いほのかなピンクで春を感じたり、朱と黄に秋の紅葉を連想する、といった日本人の色彩感覚と季節感との結びつきを、大事にしたいと思っています。
着色料を一切使わないお菓子ばかりだと、店頭に並んだものを見たり、菓子箱のふたを開けた瞬間のワクワクした気分、さあこれからお菓子を食べよう、という時のウキウキ感が少なくなるような気がします。
矛盾するようですが、本当は、「材料が、添加物が」と眉間にしわをよせて食べても、お菓子は美味しくありません。
本来、こういったことは全て、お菓子を作り、提供する側の事情であり、モラルです。
ですから、お客様が余計な心配をしなくていいように、せっかくのお菓子を、美味しく召し上がっていただけるように、菓子屋としての誇りをかけ、本物のお菓子を作り、尋ねられたことには、正直に答えるしかないと思っています。
当店で最も大切に考えている基本。
それは冒頭のお客様と一緒です。
「自分の子供にも安心して食べさせられるお菓子」
これからも作り続けていきたいと思っています。
平成13年5月10日
ご意見、ご質問、ご感想を是非お寄せ下さい。
お名前:

メールアドレス:

ご感想:


ちょっと一言へ
トップへ