月兎
月兎
(つきうさぎ)
薯蕷製
今年の場合9月28日が、旧暦の8月15日=中秋です。
日本では昔から、月にはウサギが住んでいると信じられ、ウサギが餅を搗いている姿を満月に見出しました。
この月にウサギの話、古代中国やインドの神話が複雑に絡み合い、飛鳥時代には日本にも伝わってきていたようです。
ただ当初は餅搗きではなく、不老不死の薬草を搗いていたのですが、日本には薬草を杵で搗くという風習がなく、満月のことを望月(もちづき)と呼ぶことから、餅搗きに変化していった、と言われています。
月の住人は世界各国で神話や伝説とともに様々で、ウサギ、カエル、カニ、吼えるライオン、ワニ、ロバ、シカ、女性の横顔、本を読む老婆、シカに餌をやる女、縫い物をする女、水汲みをする男、薪を担ぐ男、強欲な男、月の男…等々。
キリがありませんが、不思議とウサギを見る地域は多いようです。
ただ私個人としては、幼い頃からいくら見ても、兎が餅搗きをしている姿には見えませんでしたねぇ。
長月へ
和菓子歳時記へ
トップへ