走り茶
走り茶(はしりちゃ)
薯蕷
「夏も近づく八十八夜…」
走り茶とはその年の新芽で製した、新茶の事です。
薯蕷饅頭の生地に抹茶 を練り込み、黒胡麻とともに天焼きして、
香り高いお菓子に仕上げました。
抹茶は熱に弱く変色しやすいので、なかにはクロレラを添加したものもありますが、
当店では純粋な抹茶だけを使用しています。
若干、蒸した時の熱で色焼けしてしまっていますが、
逆に素朴な風合いを醸し出しています。

トップ > 和菓子歳時記 > 平成13年皐月 > 走り茶