夕立
夕立(ゆうだち)
水晶羹
夏の夕方、明るい空が急に曇って暗くなり、にわかに降り出す大粒の雨、轟く雷鳴。
道行く人は慌てふためき、家々では洗濯物を取り込みに走る。
そうこうしている内に明るくなり、さっと晴れる。
そして再び蝉の声が聞こえ、街のざわめきも戻り、あとには一陣の涼風がもたらされる…。
こういった夏の情景を、抽象的に表しました。
黄色い方はきな粉風味で、夏の疲れを取ってもらうために、あえて甘くしています。
水晶羹は口当たりが良く、葛を使っていますが、冷やしても硬くなりません。
よーく冷やしてお召し上がり下さい。

トップ > 和菓子歳時記 > 平成13年文月 > 夕立