嵯峨野
嵯峨野(さがの)
薯蕷
嵯峨野というのは、京都市右京区の嵯峨付近一帯のことで、
古くから、秋草や秋の虫の名所としても知られています。
陰暦8月15日、中秋の名月が嵯峨野の空に浮かび、
薄(すすき)を照らしているというイメージで作りました。
目を閉じると、虫の声が聞こえてくるようです。
ススキは秋の七草にも数えられ、
獣の尾に似た花穂の姿から、尾花(おばな)とも呼ばれています。
群生し、季節感をそそる植物として、
詩歌や絵画のモチーフにも多用されています。

トップ > 和菓子歳時記 > 平成13年長月 > 嵯峨野