杏子
杏子(あんず)
煉切
杏子はウメやモモと同じ仲間で、早春、淡紅色や白色の花を咲かせます。
そして梅雨の頃、ウメに似た少し大きめの実をつけます。
生でも食べられますが、多くは酸味が強いので加工し、
ジャムや果実酒、シロップ漬けなどにするようです。
また種子は杏仁(きょうにん)といって、咳止めや喘息の漢方薬となります。
中国原産で、「加良毛毛(からもも・唐桃)」といわれていましたが、
漢名の「杏子」を音読みしてアンズと呼ぶようになったのは、
江戸時代になってからのことだそうです。
その果実の可愛らしい姿を、煉切で象りました。
やはり青梅と桃との中間といった感じの仕上がりですね。

トップ > 和菓子歳時記 > 平成14年水無月 > 杏子