水面
水面(みなも)
道明寺羹
池の水面を風が撫で、あるいは、小魚や小さな虫が水面をつつき、
わずかに水紋が広がる風景を描きました。
道明寺羹と共に流し固めた小豆や緑色の餡が、
景色を作ると同時に、味のアクセントにもなっています。
道明寺は粒の小さいものを、普通より多く使いました。
粒を小さくすることで歯にあたり過ぎないよう配慮し、
また多くすることで、錦玉独特の食感を軟らかい口当たりに変えています。
道明寺羹は、みぞれ羹とも呼ばれるように、
錦玉の透明感とはまた違った涼感・風情が楽しめるお菓子です。

トップ > 和菓子歳時記 > 平成14年文月 > 水面