秋の山道
秋の山道(あきのやまみち)
煉切
この「山道(路)」は古くから伝わる形のお菓子で、
色の組み合わせにより、春夏秋冬、様々な情景を表現できます。
中でも秋の山道は鮮やかな色彩が特徴で、
ひときわ人目をひきつけるお菓子になっています。
秋特有の澄んだ大気の向こうに見える、
紅葉に彩られた連山の美しさを表したもので、
栗を刻み込んだ白餡を芯に、
紅と黄の煉切で二層に巻いて棒状にのばし、
山形に峰の姿を象って切り出しています。
皆さんそれぞれの心の中にある、
秋の山景色を思い浮かべながら召し上がって下さい。

トップ > 和菓子歳時記 > 平成14年神無月 > 秋の山道