八十八夜
八十八夜(はちじゅうはちや)
きんとん
夏も近づく八十八夜 野にも山にも若葉が茂る
「あれに見えるは茶摘ぢゃないか
あかねだすきに菅(すげ)の笠」

立春から数えて88日目、毎年5月2日頃が八十八夜です。
この八十八夜前後が、最も茶摘が盛んな時期で、
その年の最初に摘まれたお茶を一番茶といい、
その後に出た新芽を摘んだお茶を二番茶、
更にその後は三番茶で、遅くなるほどタンニンが多くなり、
色・味ともに劣るとされています。
日本では食事にいくと、多くのお店がお茶を無料で出します。
他国ではあまり見られないサービスで、
お茶は、水と同じように扱われるくらい、
私たちの生活に欠かせないものだということでしょう。
このきんとんは、抹茶をタップリと練り込み、
頂に玉露の茶葉をあしらいました。
新茶の香りを存分に楽しんでいただけるお菓子です。

トップ > 和菓子歳時記 > 平成15年卯月 > 八十八夜