雪柳
雪柳(ゆきやなぎ)
きんとん
弓なりに垂れ下がる枝に、真っ白な5弁の小花が群がり咲き、
まるで降り積もった雪のように見えます。
実はバラ科の植物ですが、葉も柳に似ているところからこの名があり、
小米花(こごめばな)、小米柳(こごめやなぎ)とも呼ばれます。
庭木として観賞用に栽培されるようになったのは江戸時代以降だそうで、
「花折りに行かんか 花々折りに 小米花折りに 一本折っては腰にさし」
と、淡路島に伝わる子守唄に歌われるように、
江戸時代以前は、春の行楽に山野へ出かけて雪柳を愛でたようです。
お花見というのは、桜だけではないんですね。

トップ > 和菓子歳時記 > 平成16年卯月 > 雪柳