ドーン
ドーン

このお菓子もむくむくのように、
オノマトペ=擬音語・擬声語を菓名にしました。
題材は夏の夜空に咲く大輪の花、打ち上げ花火です。
小豆の漉し餡に、色付けした味甚粉を散らし、
透明な葛に包み込んで、幻想的に仕上げました。
現在では夏の納涼行事の代表格として、
花火大会が各地で開催されていますが、
俳句の世界では「花火」は秋の季題となっています。
打ち上げ花火の良さは「華やかさ」だけではなく、
一瞬で消えてしまう「儚さ(はかなさ)」にもあるような気がします。
音の余韻に浸りながら次の打ち上げを静かに待つ、
この「間」もゆっくり楽しみたいですね。

トップ > 和菓子歳時記 > 平成16年葉月 > ドーン