トップ ヘルプ 新規投稿 新着記事 記事一覧 画像一覧 検索

■ [新規投稿]からどんどん書き込んでください。
■ 楽しく情報交換をしましょう。
■ [ヘルプ]には必ず目を通してください。



/ ▼下のスレッド
■27 / 親記事)  こりもせず「3Dくたかけ」です
□投稿者/ ひぐま -(2005/01/28(Fri) 14:12:37)
    どうもひぐまです。こりもせずくたかけつくってみました。
    本体はなんか堅いし、赤い部分の量感が規則的過ぎでリアリティーが今ひとつです。
    難しいですね。
    とりあえず御献上いたします。
    これから結婚式(!)に行きます。
    戻るのは二月六日になりますのでもどってきたらまたきます。では。
引用返信/返信

▽[全レス1件(ResNo.1-1 表示)]
■29 / ResNo.1)  Re[1]: こりもせず「3Dくたかけ」です
□投稿者/ 菓舗ふくおか [メール] -(2005/02/01(Tue) 07:58:29)
http://www.kaho-fukuoka.co.jp/
    ひぐま様

    赤鼻に続き3Dを制作してくださってありがとうございます。
    少し時間がかかってしまいましたが、
    掲示板をリニューアルして、画像を投稿できるようにしましたので、
    ひぐま様に代わり、アップしておきます。

    ご結婚、本当におめでとうございます。
    今度は「ご夫婦」として鳴門にお越し下さいね。
    末永くお幸せに…。
600×500 => 240×200

katakake04image.jpg
/70KB
引用返信/返信
レス記事表示 → [親記事-1]



/ ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■23 / 親記事)  3D赤鼻
□投稿者/ ひぐま -(2004/12/27(Mon) 23:30:53)
http://www.geocities.co.jp/AnimeComic/5769/
    お久しぶりです。ひぐまです。
    私のお気に入りの赤鼻が今年も登場ですね。
    てなわけで、興が乗って3Dで赤鼻を作ってしまいました。
    (メールで送付してます。)
    お歳暮替わりにお納めください。
    ではよいお年を。

引用返信/返信

▽[全レス2件(ResNo.1-2 表示)]
■24 / ResNo.1)  Re[1]: 3D赤鼻
□投稿者/ 菓舗ふくおか [メール] -(2005/01/01(Sat) 08:51:25)
http://www.kaho-fukuoka.co.jp/
    ひぐま様
    書き込みとメール、ありがとうございました。

    ひぐま様に許可をいただいたので、
    制作してくださった3Dグラフィックスをアップいたしました。
    随分と遅くなってしまいましたが、
    平成16年降誕祭の赤鼻のページからご覧ください。
    私の撮影した素人写真より、
    こういうCGの方が、より特徴を捉えやすいかもしれませんね。
引用返信/返信
■28 / ResNo.2)  Re[2]: 3D赤鼻
□投稿者/ 菓舗ふくおか [メール] -(2005/02/01(Tue) 07:56:01)
http://www.kaho-fukuoka.co.jp/
    ファイルアップ可能な掲示板に変更しましたので、
    こちらに移動しておきます。
600×500 => 240×200

akahana01image.jpg
/67KB
引用返信/返信
レス記事表示 → [親記事-2]



/ ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■25 / 親記事)  新年菓も素敵!
□投稿者/ keppi -(2005/01/11(Tue) 16:19:01)
    ふくおかさま
     あけましておめでとうございます。
    今年の新年菓もとっても美しい御作品ですね!
    失礼を承知でいつも感想を申し上げて、すみません。
    「亀の甲」の、微妙なぼかしは初日の出の明るさを感じました。
    「花の兄」のかるかんも、すごく美味しそう!
    「くたかけ」はカッコイイですね。ポルトガル旅行で見かけた、
    名物の置物の鶏を連想しました。(形は違いますが)
    「雪の朝」は足跡の風景描写彫刻でありつつ、小さい子供が(歩幅が)
    下駄をはいて、うれしそうに朝の新雪をサクサク音をたてながら、
    歩いている情景が目に浮かびました。
    ふくおかさまの御作品のすべてに、芸術の必須条件である
    「イマジネーションの拡がり」をとても感じます。
    どうやって、造形のセンスを磨かれていらっしゃるのか(天性の才能
    だと思いますが)またいつか、教えてください。

引用返信/返信

▽[全レス1件(ResNo.1-1 表示)]
■26 / ResNo.1)  Re[1]: 新年菓も素敵!
□投稿者/ 菓舗ふくおか [メール] -(2005/01/12(Wed) 13:31:27)
http://www.kaho-fukuoka.co.jp/
    keppi様
    あけましておめでとうございます。
    本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

    新年早々、目も眩むようなお褒めの言葉の数々、
    本当に恐縮してしまいます。
    そこまで深い洞察力をお持ちのkeppi様に喜んでいただけて、
    私も職人として、とても嬉しく思います。

    「イマジネーションの拡がり」は、京菓子の持つ良さの一つですね。
    リアルに再現するのではなく、逆に、できる限り装飾を省き、
    極限まで贅肉を削ぎ落としたシンプルな表現が、
    見る者に想像の余地を与え、自由にイメージを膨らませてくれるのでしょう。
    思ったような意匠を創り上げることは非常に難しいですが、
    これからも精進してまいりたいと思います。
引用返信/返信
レス記事表示 → [親記事-1]



/ ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■21 / 親記事)  メリークリスマス!
□投稿者/ keppi -(2004/12/24(Fri) 09:59:05)
    ふくおかさま
    降誕祭の作品、とても素敵ですね☆レイアウトや粉雪のまき方もキレイですね。
    昨日ふくおかさまの「赤鼻のルドルフ」(すごくカワイイデザインなので大好きです)のマネをしてトナカイを作ってみました。
    そば粉がなかったので醤油饅頭にして、蒸したら思ったよりも、おデブになっちゃいました…。(TOT)
    「サンタの袋」は、まとめる所が難しくてマネできませんでした。
    「聖夜の薪」もとっても素晴らしいですね。同じブッシュドノエルでも、作る人のセンスと技術でキリッと仕上がるかどうか変わってきますよね…。
    ホントに造形って作者の精神が反映されるものだな〜と思いました。
    ふくおかさまの作品と解説に夢中です!これからも、楽しみにしております!
引用返信/返信

▽[全レス1件(ResNo.1-1 表示)]
■22 / ResNo.1)  Re[1]: メリークリスマス!
□投稿者/ 菓舗ふくおか [メール] -(2004/12/25(Sat) 06:23:25)
http://www.kaho-fukuoka.co.jp/
    keppi様
    いつも書き込みありがとうございます。
    近頃はクリスマスの和菓子も、多くのサイトで目にするようになりましたね。
    それぞれに工夫がなされていて、とても興味深いと思います。

    そんな中で私が念頭に置いているのは、
    やはり「お菓子らしさ」であり「和菓子らしさ」でしょうか。
    可愛さを追求するあまり、オモチャっぽくならないように心掛けています。
    洋菓子のマジパン細工は、あくまでもケーキの装飾に用いるため、
    アクセサリー的な見栄え重視で作られていることが多いのですが、
    和菓子の場合、クリスマスケーキに比べて小品ですし、
    それのみで作品が完結するために、
    表現の奥行きや、存在感の主張方向が違うような気がします。
    「和菓子ならでは」というクリスマスのお菓子がどういうものか、
    私も毎年、頭を悩ませています。
引用返信/返信
レス記事表示 → [親記事-1]



/ ▲上のスレッド
■19 / 親記事)  合羽橋
□投稿者/ keppi -(2004/11/27(Sat) 19:32:55)
    ふくおかさま
    お久しぶりです。先週、東京に用事で出かけたついでに、合羽橋道具街に和菓子道具を見に行きました。細工はさみ2本セットや水紋と金魚の形の錦玉型などを買いました。オリジナル焼印や、木型を作ってくれるお店があって「さっすが〜」と思いました。ステンレスきんとんふるいが、洗面器みたいに大きいって知らなくて、持って帰れなかったのでこの掲示板で教えていただいた合羽橋道具街を検索して、インターネット通販で買います。(^O^)V
    公開庭園の茶席で食べた和菓子は、型ものの練りきりが多かったです。(あまり関西との違いがわかりませんでした。)
    ふくおかさまのお作品の「小春日和」とっても素敵ですね。練りきりに焦げ目をつけれるとは知りませんでした。自分でも今度作って見ます。来月の、上生菓子も楽しみにしています♪
引用返信/返信

▽[全レス1件(ResNo.1-1 表示)]
■20 / ResNo.1)  Re[1]: 合羽橋
□投稿者/ 菓舗ふくおか [メール] -(2004/11/29(Mon) 05:55:43)
http://www.kaho-fukuoka.co.jp/
    keppi様
    和菓子道具がまた増えましたね。
    金魚の錦玉型は、白いセラミック製のものでしょうか?
    ご家庭でお菓子作りをする方にも、とても評判が良いと聞いています。
    錦玉・ゼリー・水まんじゅう・羊羹の他、耐熱温度が高い材質ですので、蒸したり焼いたりといった使い方もできそうですね。
    またkeppi様ならではのアイデアで、和菓子作りを楽しんでほしいと思います。

    焼印や木型・抜型を作ってくれる職人さんは、本当に少なくなってしまいました。
    一般に市販されている抜型はとても簡素なものばかりで、昔のような気の利いた抜型にはほとんどお目にかかれませんし、これも時代の流れで仕方ないことだとは思いますが、やはり寂しさを感じてしまいます。
    和菓子屋としても、前途を悲観されることのないよう、肝に銘じて精進しなければなりませんね。
引用返信/返信
レス記事表示 → [親記事-1]






Mode/  Pass/

トップ ヘルプ 新規投稿 新着記事 記事一覧 画像一覧 検索

- Child Tree -